ブッチャーは律のことが恋愛対象として好き?朝ドラでBL的展開にはならないよね?

右:ブッチャー(矢本悠馬)

左:律くん(佐藤健)

いい写真ですね・・・。

 

すっかり『半分、青い』にハマってしまいました。

そこで、今一番気になっているのが、ブッチャーの好きな人のこと。

絶対、律のことが好きだと思うんですよ!!

 

わたし、全然BLに詳しくないんですが、それでもめちゃくちゃ「!!!」ってなりました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

興奮してるの、わたしだけ?

ツイッターで、

「ブッチャー 律 好き」

と検索してみるんですけど、みなさん結構落ち着いて鑑賞していますよね?笑

わたしにとって、朝ドラで“男子が男子を好きになる描写”っていうのはなかなか驚きだったのでもっとザワつくものかと思いましたが、別に、そーでもないらしい?!

 

そもそもブッチャーの好きな人は律じゃない派の人が結構いらっしゃいますし、一緒に朝ドラ観てるわたしの両親も普通に親友なだけでしょ派です。

あと、ブッチャーは鈴愛が好き派いやいや菜生ちゃんのことが好きだろう派もいますね。

朝ドラ的には、菜生ちゃんとくっつくのが自然な流れな気がしますが・・・。

 

私と同じくブッチャーは律が好き派の人たちなんですが、みなさんなんでそんなに冷静でいらっしゃる?!

ブッチャー、ほんとに律のこと好きだね

ブッチャーは一途だなあ

とか、なんかめちゃくちゃ落ち着いてません?

ブッチャーが律を好きなんて、承知の事実。

ああ、愛おしいねえ。よしよし。

っていう大人なスタンスの人ばかりで、わたくし焦ってます。

ひとり心の中で「ええ?!ブッチャー???どういうこと?!!好きなん?律のことが、好きなんか???」って興奮してたもんですから…。

 

 

律のこと好きでしょ?場面

1、糸電話のシーン

まず、子ども時代から怪しいシーンがありました。

川をまたいで鈴愛と律が糸電話で会話をするシーンです。

糸電話がつながって、「りーつー」「すずめー」とお互いの名前を呼び合う鈴愛と律を見てブッチャーは、

「川を挟んで名前を呼び合うとか、愛やないの」

とぼそりとつぶやいています。

そして、なんともいえない表情!!!

あれは「え?どうしたブッチャー?嫉妬してる?」と思わされるような違和感がある描写でした。

 

絶対、律のこと好きじゃん。

 

2、律に好きな人を聞かれたとき

高校時代になって、「それぞれが部活に入って~」みたいなザックリした説明があったとき、ブッチャーはバトミントン部に入部しているのですが、その理由は可愛い女子がいたから、でした。

だから、普通に女の子が好きだったか~と思いましたが

しかし!

決定的と言っても過言ではないシーンがございましたわけです。

 

放課後、律とブッチャーが2人でバスケをしている場面の会話。

律「ブッチャーさ、好きな子とかいないの?」

ブ「律くん・・・

「なんでもない!今のなし!」

ちょ、えっ、

言ってるぅーーーーー!!!!!

 

もう絶対、律のこと好きじゃん。

 

3、進路変更のシーン

さっきの場面が決定的瞬間だったわけで、それ以降あんなにあからさまな描写はありません。

でも、律が「東大が難しそうだから京大を目指す、だから京都に行くことになる」というような話をブッチャーにしたら、ブッチャーはすぐさま自分の進路も変更することにしてます。健気・・・。

「自分の中で大事なことはハッキリしてて。一番は律といることや」

「新しい友達出来ても、律はひとりだ」

という泣ける名言を律に伝えておりました。

この場面は、普通に親友だから、と思っても観ることが出来るけど、でも、

 

絶対、律のこと好きじゃん。

 

 

スポンサーリンク

 

 

今後も親友としてずっとそばにいるんだろうな

こんな感じで、明らかにブッチャーは律のことが好きだと考えられます。

でも、ブッチャーの恋はそんなに深く描かれない気がするし、きっと親友というポジションに留まるだろうと思ってます。

ていうか、ブッチャーは自分の気持ちをちゃんと把握しているのかしら?

 

律が運命の人に会ったと言ったときも、邪魔することもなかったし、鈴愛と律をいい感じにさせようとしてたときもありました。

あれ?やっぱりブッチャーは友達として律が大好きなだけなのか・・・?

それともやっぱり・・・??

 

 

律は“かなわぬ恋の相手”

今まで散々「ブッチャーは律が好き!?」と考えてきましたが、

ブッチャー役の矢本悠馬さんのインタビューで、

クランクインする前、プロデューサーと監督に「ブッチャーは律のこと大好きですけど、これは“恋”なんですか?」と聞いたら、「そう思っていてもいいよ」と言われました。ブッチャーにとって律は、親友でもあり、“叶わぬ恋”の相手でもあるんです(笑)。
律に「好きな子とかいないの?」と聞かれて「律くん」と返すシーンは、恋愛ドラマのヒロインのようなテンションで芝居させていただきました。ブッチャーは、たぶん、自分に恋人ができるっていう発想がないんですよね……。お金はあるし、大好きな友達もいるから、現状に満足しているんだと思います。僕としては、早くブッチャーに彼女ができることを願っています(笑)。

と、普通に語ってくださってたわい。

これを読む限り、やっぱり今後の展開にブッチャーと律の恋物語がピックアップされることはなさそうです。

矢本悠馬さんのインタビュー全文はこちら

 

ブッチャーに幸あれ!!!!!

 

 

 

◆ブッチャー役の矢本悠馬さんのツイッター

@yuma_yamoto

 

◆『半分、青い』公式サイト

https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/index.html

 

【関連記事】

NHK『半分、青い』が最高に面白い!春スタートの朝ドラのレベルが高くて次回作にも期待

 

 

スポンサーリンク