BGMにもオススメ!暗くて重い美しい洋楽ならBurial(ブリアル)が間違いなし!

 

初めて「Archangel」を聴いたとき、それは未体験の音楽だったので、一瞬にして虜になりました。

(2:00あたり~2:20が特に大好き。暗い中にある幸福感が堪りません。)

 

今までこんなタイプの曲聴いたことがなかった。

なんてダークな世界観なんでしょうか!

暗くて重ーい曲を求めている人は、絶対はずせない最強のアーティストなので、ぜひともこのヘビーな音楽を体感していただきたい!

 

無気力なとき、孤独なとき、消えたいとき

そんな暗い気分のときに一人で黙々と聴くと、より気分が落ち込むかもなので、あえてそんな時にこそオススメです。

でも、ただ重いだけじゃない、救いがあるような美しさも魅力のひとつであります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ダブステップの代表格

出典:https://www.spin.com/

Burial(ブリアル)は、イギリス・ロンドン出身のアーティスト。

ジャンルはよく「ダブステップ」に分類されています。

ダブステップというジャンルを語る上で、ブリアルは絶対はずせない代表的なアーティストです。

 

ダブステップはどんな音楽ジャンル?

2000時代前半にイギリスのロンドンで誕生したエレクトロニック・ダンス・ミュージックの一種です。非常に太いベース音と、リバーブのかかったドラムパターン、細切れにされたサンプル音、時折挿入されるボーカル等を特性とした音楽になっています。

引用:ダブステップってなんだ?

 

ダブステップというと、他にもSkrillex(スクリレックス)が有名ですが、同じダブステップでもブリアルとは全然雰囲気が違います(そもそもスクリレックスのジャンルは「ブロステップ」という声もありますね。ややこしや~)。

(この曲もかっこよくて大好きです!)

 

ちなみに、こちらの記事でもスクリレックスの曲を紹介(?)してます。

⇒ EDMが苦手?それでも歌パートがお気に入りな4曲

 

2000年代はブリアルのような暗い感じのアンダーグラウンドなサウンドが主流だったみたいですが、2010年代から、スクリレックスのような激しい攻撃性を持ったサウンドが流行したようです。

 

ここまで書いておいてなんですが、ぶっちゃけジャンル分けとかどうでもいいと思ってます!えへへ!

 

 

 

謎が多いカリスマ

ブリアルが発表した2枚の傑作アルバム『Burial』 と『Untrue』 以降、1曲10分程度の長尺曲を収録したEPをひっそりとリリースしているスタイルです。

Youtube公式チャンネルも開設されていないし、メディア露出もないので、未だに謎が多いアーティストであります。

このスタイルがカリスマ性を高めている要素のひとつかもしれませんね。

 

 

 

あの人もブリアルのファン

そんなカリスマ的存在のブリアルなので、根強いファンがいるのは言うまでもありません。

そんな中で、ブリアルファンだと知ってわたしのテンションが高まったお方を紹介します。

 

井川遥はブリアルの1st推し

アンダーグラウンドな音楽、活動スタイルのため、ブリアルはそっこまでメジャーじゃないと思うのですが(知ってる人にとってはめちゃくちゃ有名だけど)、そんな中で女優の井川遥さんがブリアルを聴いているという情報があったので、めちゃくちゃ嬉しくなりました!!!

 

ナイトシーンや旅先で聴いている

と、雑誌でブリアルのファーストアルバム『Burial』を挙げていました。

出典:http://dsz-intel.tumblr.com/

『Burial』はブリアル初心者にはとっつきにくいアルバムだと個人的に感じているので、井川遥さんはかなり聴き込んでいるのではないかと思われます。

 

 

 

The xxも!

日本でも高い人気を誇るThe xx(ザ・エックス・エックス)の3人も、過去のインタビューでブリアルのファンであることを公言しています。

ブリアルは素晴らしい。彼の音楽を聴き込んでいると、なんて美しい世界なんだろうと驚くんだ。さりげない美しさというかね。

引用:http://www.dommune.com/

ちなみに、ブリアルの他にMassive Attack(マッシヴ・アタック)とPortishead(ポーティスヘッド)を好きなバンドだと話していたので、同じく彼らのことが好きな私はさらにテンション上がってしまいました!

 

 

スポンサーリンク

 

 

ブリアル初心者にオススメな曲

初めてブリアルを聴くぞ~、という方にオススメな曲を選んでみました!

個人的な好みで恐縮ですが、参考になれば幸いです。

 

 Archangel 

まず、この記事の最初に載せたブリアルの代表曲「Archangel」は、絶対にはずせない必聴曲です!

なのでもう一度貼っておきます(笑)

 

『Untrue』(2007) に収録

 

 

 Come Down To Us 

13分越えの超大作ですが、あまりの美しさに飲み込まれてしまいます。

この曲が1番好きかもしれません。

2部構成になっていて、7分あたりから曲調が変わっています。

 

『Rival Dealer』(2013) に収録

 

 Loner 

非常にかっこいい1曲。

せっかくの曲が台無しと思われるかもしれませんが、わたしはこの曲を聴きながら夜道とかを歩くとき、「悪の組織と戦いに行く自分」みたいな妄想が浮かんできたりして、それを大真面目に楽しんでいます・・。

 

Street Halo / Kindred (2012) 収録

『Street Halo』と『Kindred』という2枚のEPを、日本盤にて一緒まとめて発売されています。

 

 

こんな感じで3曲ピックアップしてみましたが、選ぶの大変だった~。全部良い曲だから。いろんなタイプの曲があるから。

なので、繰り返しになりますが「Archangel」だけでも聴いてみていただいて、あとは自由に手を付けてみてください!(投げやり)

どれを聴いても美しくかっこいい曲なので~!

今挙げてみた3曲が収録されているそれぞれのアルバム(もしくはEP)の他の曲もいい曲だらけなので、もしピーンと来たらアルバムをチェックして頂ければ間違いなしです。

 

あと、井川遥さんがお気に入りのアルバム、そして傑作と呼び声高い名盤『Burial』を初心者受けじゃないかな?ということでスルーしちゃいましたが、このアルバムの中なら「Forgive」とかはとっても聴きやすいのでオススメです。

 

 

気に入った方はこちらも!

最後に、ブリアルにハマりそう!な方に、似たタイプの曲もついでにご紹介いたしたいと思います~!

 

Shlohmo – “Out of Hand”

 

Skrillex – “Leaving”

 

 

以上!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ダークな音楽って最高ですよね・・・

 

 

 

スポンサーリンク