洋楽で鬱曲をお探しなら、Evanescenceはいかが?悲しみに浸れる暗くて美しいおすすめ曲

出典:http://www.evanescence.com/

 

私の中で鬱曲(暗くて鬱な気持ちになる曲)といえばエヴァネッセンスが浮上します。

ジャンルを言うとするなら、彼らはよく「ゴシックメタル」とされていて、このジャンルの中でトップに君臨する代名詞的な有名バンドです。

ゴシックメタル(Gothic Metal)とは、ヘヴィメタルのサブジャンルの一つ。ヘヴィメタルの激しさとゴシック・ロックの耽美性を併せ持つ。

引用:Wikipedia

 

私はメタルと聞くと、曲調もそうだし、ヴィジュアル的にも、つい遠慮してしまうのですが、エヴァネッセンスは好きになりました。

 

今日は、エヴァネッセンスの中で私が感傷的になりたい時に聴く曲を紹介します。

エヴァネッセンスを知ってはいるけど普段あまり聴かない人や、ゴシックメタルに抵抗のある人にもオススメできる曲を選んでみました。

鬱曲ということなので、メタルってない落ち着いたバラードを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

Evanescence 代表曲

まずは、エヴァネッセンスの有名な代表曲を。

Bring Me To Life

この曲を聴いた瞬間ファンになりました。私が一回聴いただけで好きになるのは結構珍しいのですが(なんとなく好きかもと思って何回か聴いてからハマっていくことが多いので)、一番のサビを聴いた時点で、「やばい!好きなやつだ!」と激ヒットしました。

 

My Immortal

この曲は、ボーカルのエイミーが亡くなった妹への想いを重ねて書いた曲なんだそう。とてもファンの多い人気曲の一つであります。エイミーの歌声とピアノの音が美しく、そこに最後、バンドが加わってくるところで、涙腺コルクをぎゅ!としたくなります(元ネタは、ジャルジャルのコント)。

 

2曲ともデビューアルバムの『Fallen』に収録されています。このアルバムは世界中で大ヒットし、日本でもオリコンで7位というすごい記録でした。私も一番大好きで、本当に捨て曲が一曲もない最強のアルバムです。

エヴァネッセンス初心者の方は、ぜひこの『Fallen』から聴いてみることを強くお勧めします。

 

スポンサーリンク

 

落ち込む時こそ鬱曲を

「いやいや、エヴァネッセンスくらい知ってるよ!」と思ったあなた、ちょっとお待ちを。

有名じゃない隠れた名曲を紹介するつもりなので、もし聴いてことがないのならちょっと聴いてみてほしい。

 

「やっぱゴシックメタル?とか苦手かも」と思ったあなた、少し待たれよ。

メタル要素がない(もしくは少ない)バラードを紹介するので、ちょっと聴いてみてほしい。

 

「そんなのどうでもいいから早く鬱曲プリーズ」と思っているあなた、すいません、大変お待たせしました。それでは行きましょう!

 

 

 

Give Unto Me

一人暮らしを始めてすぐくらいの頃、実家に帰省したあとの帰りの新幹線の中でこの曲を聴いて、本当に呼吸困難になりかけました。ホームシックが理由で。

ホームシックな時にこの曲を聴くと、精神的にやばくなる可能性あります。

 

Missing

この曲がエヴァネッセンスで一番好きな曲かもしれない。それにしても、暗い。そして名曲。

 

The Last Song I’m Wasting On You

ピアノと、エイミーの歌声だけ。なんでこんなに泣けてくるんだろう。

 

Breathe No More

美しいですね。ライブでこの美声は凄すぎると思います。

でも鬱曲と呼ぶには、少し明るめだったかもしれない。

 

Field Of Innocence

デビューアルバム『Fallen』よりも前に発表されたデモアルバム『Origin』に収録されている曲です。このアルバムも全体的に暗いので鬱曲の宝庫です。歌なしのインストルメンタル曲である「Eternal」もぜひチェックして頂きたい!

 

 

もっと厳選するつもりだったのですが、全然ダメでしたね。

あと、「Hello」という曲もおすすめなのですが、こちらも名盤『Fallen』に収録されているので、やっぱりアルバムをチェックしてみてほしいです。

エヴァネッセンスの他のバラードじゃない曲も、基本暗いです。

 

好きな曲を聴く美容法!悲しい音楽を聴いてすっぴん美肌を手に入れろ」で書いたように、暗い気持ちの時こそ暗い曲を聴くのが良いと思います!

 

 

スポンサーリンク