洋楽でセンスが光るおしゃれエレクトロ!ダークなサウンドが癖になる

 

センスがいいと思われたいなら、

The Knife(ザ・ナイフ)を流せば間違いないと思う。

 

とにかくおしゃれでかっこいい。

少しの怖さをも感じるダークな世界観であるので、「アゲアゲな曲は苦手」という人にも超おすすめなエレクトロサウンドです!

私は一人で黙々と聴いておる。

 

特に好きな曲はSilent Shout

 

ちょっと歌声にクセがあるので、好き嫌いが分かれる可能性も有りですが、この曲は最初に聴くにはとっても良いと思います。

というか、正直申し上げて、私はこの曲ばっかり御ひいきにしてリピートしまくってます。

ザ・ナイフの曲全部を聴いたわけじゃないんです。めんご。

でも好きなんで、ご紹介しちゃう。

 

初めて聴く方は、アルバム『Silent Shout』を聴いてみては?(私がちゃんと聴いたアルバムがこれなもんで)

最初にオススメさせていただいた曲である「Silent Shout」の他に、「Like A Pen」「Na Na Na」「Marble House」が私はお気に入りです。

ミュージックビデオのクセがすごい!

 

 

スポンサーリンク

 

 

The Knifeについて

出典:http://musicfestivals.ru/

スウェーデンの姉弟エレクトロデュオ。1999年から活動を開始し、2001年にメジャーデビュー。

地元スウェーデンはもちろん、イギリスやアメリカなど世界中からとても高い評価を得ています

4枚目のアルバム『Shaking the Habitual』においては、映画・音楽・テレビ番組・ゲームなどの様々な媒体のレビューや評価をまとめるウェブサイトで、100点満点中85点の超高評価を獲得したとのこと。

しかし!!!

2014年に解散しちゃってる(今知りました。まじすか学園…)。

 

 

彼らを知ったきっかけ

私がザ・ナイフの存在を知ったのは、ファッションモデルの松岡モナさんが紹介していたことによる。

具体的な媒体は忘れちゃったのですが、どこかで最近のお気に入り音楽を紹介していたのをみて聴いてみたわけでありました。

 

松岡モナちゃん(美しく大人っぽいので、そうは思えないけど、一応年下なのでちゃん付けで呼ばせてもらってます。20歳だって!)は、すごく大好きなモデルさんです。

16歳でパリコレデビュー(!)しているし、いろんな雑誌に引っ張りだこな超スーパーモデルさん。

非の打ちどころがない美しさ。

あと、音楽にめちゃくちゃ詳しいところも憧れます。素敵すぎぃ。

 

Streets of NewYork 🗽 Thinking bout you💋💗 Wearing @babyghost_nyc photo by @quistyle

Mona Matsuokaさん(@mona__offi)がシェアした投稿 –

📸 @jmax313

Mona Matsuokaさん(@mona__offi)がシェアした投稿 –

💋

Mona Matsuokaさん(@mona__offi)がシェアした投稿 –

ビュ、ビューティフォー。

 

 

スポンサーリンク

 

ドランの映画にも使われたよ

出典:https://movies.yahoo.co.jp/

みんな大好き、もちろん私も大好きな映画監督、Xavier Dolan(グザヴィエ・ドラン)の『胸騒ぎの恋人』の挿入歌にザ・ナイフの「Pass This On」が使われております。

ドラン映画は、ストーリーや取り扱うテーマはもちろん、映画で使われる音楽やファッションにも毎回注目が集まります。めちゃくちゃおしゃれだから。

全部ドラン監督がプロデュースしておられる。(大好き)

 

ちょっとズレますが、

この映画は三角関係のお話なのですが、主役2人の心を奪ってしまった金髪イケメンことニコラが、もう、ほんっとに金髪イケメン。イケメン界の金髪。金髪界のイケメン。やべえのでやんす。

 

!!!

アンニュイでありながらも、爽やか笑顔。

くるくるの髪の毛を触りながらタバコ吸うのなんて反則ですわな。

 

現実にこんな人が近くにいたら、絶対に近づけない。

魅力が過ぎる。

 

映画を観ればわかりますが、実際近づかないのが正解でございました。

 

 

 

シャレオツ・サウンド!

松岡モナちゃんとドラン監督が聴いてる音楽、それがザ・ナイフ。

やっぱりそのサウンドは個性的でおしゃれ。

“センスの人”たちのお墨付きエレクトロミュージックであります。

 

ひと癖ありますが、かっこいいです。

それが魅力、癖になる。

 

・・・なんで解散しちゃってるのよ!?

にわかファンの私は、彼らが残してくれた4つのアルバムを、しかと堪能していく所存でございます。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク