可愛い女の子が率いるバンドって最高!ご機嫌な夜に聴きたいキュートなポップロック

出典:http://www.astro-hall.com/

 

可愛い女の子がギター弾いて歌うのって、めちゃくちゃズルい。

そんなの、魅力的に決まってるやないかい。

 

Thomas Tantrum(トーマス・タントラム)はまさにそんなズルいバンド。

可愛いものに目がない方にオススメです!

特に、このミュージックビデオは何回も観ちゃいます。

 

私はメロディがわかりやすい曲を好む傾向にあるので、正直、この曲を最初に聴いたときイマイチな反応でございました。

おら、この曲のメロディが掴めなくてよ…。

のだが、声、歌い方、そして見た目、めっちゃ可愛い!!!と思って、食らいつくように何度も聴かせていただきました。

そして、虜。

何度も聴いていくうちに、癖になってしまったこの曲。

 

スポンサーリンク

 

 

まんまと魅力にハマって、アルバム『Mad By Moonlight』を購入。

出典:https://www.shazam.com/

このアルバムには、さっきの「Work It」は収録されていないのだけど(『Thomas Tantrum』に収録)、試聴したときに、1曲目の「Tick Tock (Satie)」を聴いて、こっちのアルバムにしよう!と思ったわけでした。

小学生のころ、2歳年上のお姉ちゃんが「アルバムの1曲目はそのアーティストの自信作な場合が多いから、1曲目を聴いて好きかどうか判断するといいよ」的なアドバイスをしてくれたのを思い出す。

「Work It」よりもメロディの良さが分かりやすい曲だったから、すぐに気に入りました。

 

アルバム全体を聴いても、とても聴きやすい。そして、キュート。

夜、ほろよい片手に、音楽に合わせて小さく踊りたくなっちゃうようなアルバムでした。

まあ、ほろよい1缶飲んだだけで2時間リバース地獄を味わったほどお酒弱いし、踊りも極上のダサさを発揮しちゃうので遠慮するわけだけど、とにかくそんな気分になる。

ご機嫌なゆるふわポップサウンドです。

ボーカルのミーガンの歌い方がすごく良い感じに脱力で、そこが好き。

 

トーマス・タントラムは、Lily Allen(リリー・アレン)もお気に入りだったらしく、激励メッセージを送ったり、自分のMySpace(昔はみんなMySpaceに音源アップしてましたよね)に彼らの曲をアップしていたみたい。

ちなみに、リリー・アレンの音楽もめちゃくちゃキュート(毒もあり)で魅力的です。

さすが。最高!

 

 

 

そんな女子たちの心をくすぐる魅力たっぷりのトーマス・タントラムでしたが、現在は解散してしまっておる。あちゃ。

しかも活動終了したの7年前だった…。

 

久しぶり聴きたくなったと思ったら、そっか、もう活動してないのか。

なんとも寂しい気持ちになる。

 

と言いつつも、この可愛い音楽を聴いて幸福感で満たされてる今、でございます。

スポンサーリンク