「友達はみんな肌がキレイなのにどうして自分だけ…」肌が汚すぎて毎日つらい、楽しくないなら

投稿日:すっぴん歴1年と289日目/サッポー歴100日目

 

サッポーを始めてからずっと悩まされていたカサブタができなくなり、改善に向かってる、最近調子いい、とか思ってた。

ところがどっこい、

まさに今、夢から覚めたように、ずっしり落ち込んでいます。

 

・・・

どんなものだったのか記憶も薄れてしまうほど、カサブタとの縁を切ることに成功したここ最近の私は、自分の肌にほんの少しですが自信を持てるようになってました。

「カサブタがない」という事実が最高に嬉しかったんですよ。

で、浮かれポンチの私は、鏡をるんるん気分でチェックしてみたりして、私のお肌案外いい感じじゃん!って思っちゃった。

違うのに。

ねえ、全然汚いよ?自分…。

いや、さすがにまだまだ普通肌には程遠いっていうのは分かってました。

汚肌だから、これかも頑張っていかなくちゃって思ってました。

でも、心のどこかで、自分の肌ってだいぶいい感じなんじゃない?って考えちゃってたわけです。

 

で、ついに今日、さっき、「浮かれてんじゃねえ!」といわんばかりの、現実を突き付けられたんですよ…。

 

 

スポンサーリンク

 

 

私の肌の方が汚かった

肌について検索してたら、ヤフー知恵袋である悩みを見つけました。

それは、10代の女の子の悩みで、「私より肌の汚い人に会ったことがありません。助けてください」といったような内容でした。

その投稿には、死ぬほど悩んでいるという彼女のお肌の写真もアップされていたので見てみると…。

え、ちょっ、私の今の肌と同じじゃん、、っていうか、むしろ私よりキレイなんじゃ、、?

 

ショックでした。

彼女がこの肌のせいで毎日どんなに苦しいか、ということがたくさん書かれていて、それがさらに私の心をえぐっていきました。

だってそれより汚い肌の私は、ついさっきまで浮かれていたんですから。

 

その質問の回答欄には、いくつかの回答が寄せられていました。

どれも本当に彼女の悩みを解決するためのアドバイスで、皆さんとっても真摯に回答しています。

で、私から見ればそんなにひどい肌状態だとは思えなかったので、当然「そんなことないですよ」的コメントがあるはずでした。

ですが、回答者さんの誰からも「大丈夫ですよ」とか「そんなに落ち込むほどの肌ではないですよ」というようなコメントは皆無。

いや、なんかフォローしろ?

え、ちょっと待って、フォローできないほどの肌ってことなの?

そんな、まじですか。

 

じゃあ、分かりました。

これが汚肌だっていうのは認めます。

でも、それでも、なんかフォローしろ?

こういうのは、的確なアドバイスはもちろんだけど、「そんなことないですよ」的なフォローも欲しいよ!?

 

私の今の肌と同じような状態の人がこの世の終わりレベルに落ち込んでるし、フォローもないしで、私のメンタルはメッタメタのぐっちゃぐちゃ。

そうか、私の肌って自分が思ってる以上にヤバいんだ。

もう2年くらい、いや、中学からのニキビ肌を入れると12年くらい?、ずっと肌が汚かったから感覚がマヒしてるんかな。

カサブタもなくなってニキビが少なくなったからって、ちょっと勘違いしちゃったよ。

最近肌の状態が良いと信じて、友達とか会社の人とも結構話したり楽しそうに笑ったりしてたけど、え、どうしよう、俄然怖くなってきた。

 

心えぐられてます。

ドクドクしてる。

このブログもうやめようかと思いました。

浮かれてた、バカみたいに。

手持ちのわずかな自信も一瞬で消えちゃった。

 

 

でも、今の自分にできることをやるしかない

心が瀕死状態になった私は、駆け込み寺こと、サッポー美肌塾にすぐさま駆け込みました。

もうまるで信者ですね。教えを乞うております。

サッポー様、こんな私に、どうか助言プリーズ…。

 

それで、この記事を読みました。

ミカンの皮のような肌理(キメ)、目立つ毛穴、イチゴ鼻、肌の凹凸…何とかしたい!!!

(サッポー美肌塾内の記事にとびます)

 

今の私の悩みはまさにこれで、本当にミカンの皮のような肌なんです。

これを読んで、少し精神状態が回復しました。

肌を育てるケアを続けていけば、時間はかかるかもしれないけど、必ず敏感肌から脱出できる。

肌の悩みには、ちゃんと解決に向かう道がある、ということがわかり安心しました。

私を見捨てないでいてくれる存在がいるのは、めちゃめちゃ心強い。

 

 

スポンサーリンク

 

 

死ぬほど悩んでたあの女の子へ

肌が汚いと、「この肌どうしたらいいの?」と悩み、暗闇から抜け出せなくなる時がよく訪れます。

肌断食中は毎日暗闇の中を彷徨っていましたが、最近は浮かれていたせいで現実を突き付けられた瞬間の精神的ダメージが大きかった。

でも、悩んでるだけじゃダメだから、今の自分にできることを続けていくしか開ける道はなく、私にとってのそれは、サッポーのケアを信じて続けていくことなんです。

 

「私より肌の汚い人に会ったことがありません。助けてください」と本気で悩んでいたあの女の子は、まさに私であり、肌が汚くて悩んでいる全ての人でした。

肌が汚くて悩んでる真っ最中であるので、スキンケアについての助言は恐れ多くてとてもじゃないけど私には出来ません。

ですが、私がもしあの投稿に回答するならば、まず、「そんなに肌汚くないよ!私の方がやばいって!」って伝えたい。

絶望する気持ち、痛いほどよくわかるけど、私がいるってことを知ってほしいなって思いました。

 

諦めないで一緒に頑張ろう。

そうすれば、絶対、敏感肌から脱出できるから!

 

いつか肌の全ての悩みから卒業できたらいいね。

 

 

スポンサーリンク