私が肌断食や洗わない美容法に挫折してしまった3つの理由

投稿日:すっぴん歴1年と278日目/サッポー歴89日目

 

私は、肌断食と洗わない美容法を合わせて1年半実践してました。

 

肌断食とは、化粧水や日焼け止めなどの化粧品を使用せず、肌本来の美しさを取り戻そう、という美容法です。

洗わない美容法とは、とにかく肌に何もつけないというもので、水で顔を濡らすのも基本的にはNGです。

 

その結果、以前にも増して超敏感肌になってしまい、まだ完治していません。

今は別のスキンケアで汚肌からの脱出を目指しているところです。

 

肌断食と洗わない美容法を辞めてから3ヶ月が経とうとしていますが、この3ヶ月でだいぶ肌がマシになりました!(まだまだ汚い肌ですが、、)

 

 

美肌になるには、この方法しかない!

そう信じて耐えてきた1年半。

しかし、肌状態は一向に良くならず、それどころか、肌はめちゃくちゃになってしまいました。

 

この美容法は挫折しちゃう人が多いようですが、私はどうしてもすっぴん美肌になりたかったので、美肌を手に入れるまでなんとしてでも継続してみせる!と意気込んでスタートしました。

にもかかわらず、心がポキッと折れて無念のギブアップ・・・。

 

あんなに覚悟を決めたつもりだったのに、どうして挫折してしまったんだろう?

 

振り返ってみると、私が肌断食・洗わない美容法の効果だけを求めてしまっていたところに原因はあると思いました。

経過時の肌のことはあまり知らずに始めてしまったのが失敗だったと反省してます。

 

そこで、私が肌断食と洗わない美容法に挫折してしまった理由を振り返ってみました。

大きく3つあります。

 

スポンサーリンク

 

肌断食に挫折した理由

① 肌状態が急激に悪化した

肌断食などの美容法は、美肌になる前段階として、肌が一時期荒れてしまうと言われています。

これは、今まで間違ったスキンケアや化粧などによる肌へのダメージを修復しようと、肌が頑張って元の姿に戻そうとするときに現れる現象らしいです。

急に肌トラブルに見舞われて失敗かもと不安になりますが、このトラブルは、美肌になろうとしている肌の良い兆候であるといえます。

 

この良い兆候とされる一時期の肌トラブルですが、荒れ具合や期間は個人差がかなりあるようです。

今まで肌を痛めてきた人ほど、この肌トラブルの期間が長く、症状も重くなってしまう可能性が高いです。

 

例えばですが、

症状が軽い場合は、少しの粉吹きやほんのり赤みがでる程度で、1週間後に早くも美肌になり始めるケースもあるみたいです。(ウソでしょ・・・うらやまい・・)

反対に、症状が重い場合、顔中に角栓が出たり、ニキビの大量発生、皮脂の過度な分泌などが起き、肌がやっと本来の姿に戻り正常になるまでに10年かかった人もいるようです。

 

私の場合ですが、めちゃくちゃ症状が重かったと思います。

そして、1年半実践しても改善しなかったのは、個人的に果てしなく長く感じました。

本当に辛かったです。

 

始める前、トラブルが起きることは一応知ってはいましたが、私は今まで特別肌をいじめてきた意識はなかったので、そんなにひどくなることはないだろうって軽く考えてました。

すっぴんで外出することは抵抗があったので毎日お化粧はしていましたが、それでもBBクリームか、日焼け止めを塗った後にベビーパウダーを重ねる程度がほとんどでした。

ファンデーション重ね塗りとかもしていなかったですし、顔を拭くときにこすったりとか、ピーリングで肌をいじったりだとか、肌を傷つけそうなことはしていませんでした。

 

ただ、中学の頃からずっとオイリー肌でニキビに悩んでいて、洗顔料を使って1日2、3回しっかり洗顔していました。

これが、洗い過ぎで実は肌を痛めていた可能性が高いと、今となっては考察できるのですが、肌断食を始めた頃の私には、なぜ自分がこんなにひどい肌荒れになってしまったのか理解できませんでした。

 

 

実践スタート約1週間後~1年半後までの肌状況ですが、

  • 顔中がワニの皮膚みたいに硬くなって、ざらざら
  • 肌が見えないくらい角栓と皮脂が混じってできたカサブタまみれに
  • 目の周り以外赤茶色にくすみ、色ムラな肌になる
  • 過度な皮脂の分泌
  • 鼻の両脇とアゴ回りに大量の粉吹き発生

などなど・・・

元々のニキビ肌にこれらの症状がプラスされてしまいました。

もう本当に容赦なかったです。

 

こんな肌状態になってしまい、鏡をみること、人に会うこと、出掛けることなどが辛く嫌になり、何もできない日々が続きました。

ここを我慢すれば美肌が待っている!と踏ん張って耐えてみたものの、1年半で限界に達し、肌もメンタルもぼろぼろになってしまいました。

 

 

また、肌断食が原因で脂漏性皮膚炎になってしまう人は結構いるみたいです。

私のこの肌荒れは脂漏性皮膚炎なのか、それとも、良い兆候とされる単なる一時期のトラブルなのかどうか、分からなくてとっても不安になりました。

これは素人が判断できるものではないです。

 

このように肌断食や洗わない美容法は、かなりのリスクが伴うものだと言えます。

 

 

② 精神的に追い詰められた

肌断食や洗わない美容法で大切にされていることは、

「とにかく肌に刺激を与えてはいけないので、むやみに触れないこと」

「他の美容法の誘惑に負けず、信じて継続すること」です。

 

私もそれに従って、とにかく肌に触れないように注意していました。

なにで、カサブタまみれの肌で見た目が非常に悪くても、角栓やカサブタを取ることは肌に大きなダメージを与えてしまうので無理やり剥がすのはNGです。

これ、めちゃくちゃしんどくないですか??

 

顔が痒くても掻いてはいけません。

カサブタが無理に取れてしまいます。

マスクをすると摩擦で角栓やカサブタが取れてしまうので、マスクも我慢してました。

 

カサブタが自然に剥がれ落ちてくれることを待っていましたが、やつらは結構しぶとくて、なかなか落ちてくれず、何か月も私の肌に居座ってました。

 

 

肌断食中の自分の肌があまりにひどく、不安で堪らなくなり、この肌から助かる方法はないかと、たくさん検索しました。

肌のきれいな人が愛用している化粧品を使ってみたくなったり、以前の普通のスキンケアに戻した方がまだマシなんじゃないか、とか色々考えました。

 

でも、化粧水や日焼け止めを一度使ってしまうと、今までの努力が水の泡になってしまう、こんな肌状態になってまで頑張ってるのに無駄にしたくないと思ってなんとか我慢してました。

継続して初めて結果が出る美容法なのだから、自分の肌の回復力をただひたすら信じて待ってあげないとダメだ、と何度も自分に言い聞かせました。

 

それでも鏡を恐るおそる確認してみれば、そこに映るのは絶句するほど汚い自分の肌。

 

友達に会うのも怖かったし、家族でさえも、近くに来たり話しかけてくると逃げてしまうほど、追い詰められてました。

もう何のために生きてるんだろう、何も楽しく感じない、人がいるのが怖い、とにかく誰にもこの顔を見られたくない!

 

1年半もずっとこんな調子で、私はすっかり身動きが取れなくなっていました。

かなり精神的に追い詰められてしまい相当辛かったです。

 

 

③ 誰にも相談できなかった

肌断食や洗わない美容法というのは、一般的なスキンケアとは全く違うことを推奨している方法です。

世間の常識から考えると、顔を洗わないとか、化粧水などによる保湿をしないこととか、日焼け止めで紫外線予防をしないことは、有り得ないことだと思います。

 

私は今まで色々な化粧品を試しても、どれも効果が感じられず、そんな私でも美肌になれる最後の希望だと思って肌断食を始めたわけですが、そのことを誰にも話していません!

超極秘にしてます!

 

美肌になったら、「実は肌断食っていう美容法でこんなにきれいになったんだよ~!へへへ!」と、自慢する気満々だったのですが、そんな願望もむなしく、現在に至る、です。

 

 

急に超汚肌になった私を見て、家族や友達に、「どうしたのその肌?!」とかなり驚かれました。

その時も本当のことは言えませんでした。

 

だって、本当のこと、つまり、化粧品を一切使うのを辞めたこと、時には顔を洗っていないってことを告白したら、絶対に引かれてしまうと思いました。

実際に肌がどえらいことになっているのだから、心配して反対されていたと思います。

絶対に普通のケアに戻したほうが良いと怒られる気がします。

 

でも、誘惑に負けず肌断食を継続して成功させる為に、誰にも相談せずに自分で処理していくしかないと考えてました。

 

しかし、理解者がいない中での孤独な汚肌との戦いは、とてつもなくハードでした。

一緒に頑張ってる人とか、応援してくれる人がいないと肌断食を乗り越えるのは難しいなと感じました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

最後に言いたいこと

以上の3つが、私が肌断食と洗わない美容法を途中で諦めてしまった大きな理由です。

  • 顔中が角栓やカサブタで埋め尽くされても我慢できますか?
  • その肌で何か月、何年間も過ごす覚悟はありますか?
  • あなたのその肌を見た人が「どうしたの?」と心配してくれたとき、「スキンケアしてないからこうなったんだ」と、理解してもらえるように説明できますか?

 

私はこれらがダメで挫折しちゃいました。

肌断食や洗わない美容法が間違っていると言いたいわけじゃありません。

効果を実感されている方もちゃんといます。

 

ただ、肌は本当に人によってまったく違っていて、一人ひとり、その時の肌状態で適した美容法を選択していくことが何よりも大切だと痛感してます。

 

肌断食や洗わない美容法は、スキンケアを辞めればいいだけなのでやる事はとても簡単だけど、スーパーストイックさんでないと挫折してしまうんじゃないかって思います。

 

そしてリスクも高いです。

肌断食や洗わない美容法を選択しない方がリスク回避できます。

 

 

肌断食ギブアップ!してしまった私は今、別の方法ですっぴん美肌目指してます。

それというのは、サッポーの敏感肌脱出プログラムです。

肌断食をしている人なら一度はどこかで「サッポー」というフレーズを目にしたことがあるかと思われます。

もうね、すがってしまいました。

でもでも!サッポーを使い始めてから、今までの悩み(主にカサブタ)があっさり解消されたんです!よ!!!

 

とにかく自分に合った美容法を選択して前進していくことがなによりも大切だと思います。

肌断食辞めてから3ヶ月、少しですが希望の光がみえてきました。

死にたくなるほど辛くなってしまったなら、身動きが取れなくなってしんどいなら、別の方法に変えても大丈夫です。

 

あなたにとって、過度にストレスが溜まるようなことはしなくて良いです。

自分に出来ること、納得して続けられそうなことじゃないと上手くいきません。

 

まだまだ全然汚い私の肌ですが、これからも諦めずにすっぴん美肌を目指していきたいと思ってます。

まずは、人に見られるのが苦痛な今の敏感肌から脱出して、普通肌になれるように頑張ります。

 

泣くほどきついなら、無理にひとつの美容法にしがみつかなくて大丈夫です!!!!!

と、声を大にして言いたいです。

 

 

ここまで読んでくださり本当にありがとうございました。

あなたの肌が、正常な肌に生まれ変わりますように。

 

 

 

スポンサーリンク