春になったのでシャワーの温度を38℃にして敏感肌への刺激を減らしたい

投稿日:すっぴん歴1年と292日目/サッポー歴103日目

 

「敏感肌なら、お風呂やシャワーの温度は38℃以下が望ましい」

「それ以上だと、肌の刺激になってなかなか改善しない」

そう学んだのは良かったのですが、冬の寒さに負けて実行できなかった。

でも、もう春だし、ちゃんと取り組もうと思います。

 

・・・

サッポーを始めてから、敏感肌を長引かせている要因の一つに「冷・熱の刺激」があるということを知りました。

詳しくはサッポー美肌塾のこの記事をぜひ読んでみてください。→ 敏感肌を長引かせているのは何? マスト細胞を活発化させる3つの刺激

 

敏感肌脱出のアドバイスとして、39℃以上の入浴はNGということが言われています(※これにも個人差があると説明がありました)

お風呂の温度を37℃や38℃に替えたことで、肌の調子が良くなった人が結構いるらしく、それならば、私も是非とも実践させて頂きたい!と思ったのですが、結局出来ずに現在に至る。

その理由を、言い訳を、聞いてください。

 

その1、雪国に住んでるから

もう、めちゃくちゃ寒いんですよ、冬。

最近は-8℃とかの日が続いてました。

なので、浴室を暖かくするのが、結構難易度高かった。

「室温を30℃にすれば38℃のお風呂でも温まる」というようなアドバイスでしたが、我が家の設備や経済的に、ちょっと無理そうだったものですから…。

我が家にも浴室暖房器が設置されているのですが、ぶっ壊れてる。

そして、その代わりに今頑張っているのが、クソミニサイズの電気ストーブ。

手を2cmくらい近づけてやっと風を感じられるほどの、非常に控えめな温風を出してくれます。

こいつだけで浴室の温度管理なんて、荷が重すぎたのは明白でありました。

浴室、極寒なり。

(新しいストーブ買えよ)

 

その2、実家暮らしだから

これが相当デカいかもしれません。

そう、私、実家暮らしなんです。

そうなると、お風呂の温度を自分勝手に設定できない(悲しいかな、家での決定権があんまりないんです)。

真冬の設定温度、42℃なんですけど…。

 

ちゃっかり隙をついて設定温度を39℃にしてみた(38℃にする勇気はなかった)のですが、すぐに42℃に替えられてしまいました、無言で。

その数日後、また隙をついて、今度は41℃に設定してみたところ、温度が替えられてることに気付かなかったのか、しばらく41℃のままでイケました。

でも、気付いたらまた42℃になってた…。

チクショウ。

 

なので、お風呂に入らないでシャワーだけにすればいいかな、と思って、シャワーの温度を38℃に設定(シャワーは変更可能だった)して浴びてみたんですが、身体震えるレベルに寒くて、絶対風邪ひいちゃうやつだな、と思いましたヨ。

よって、潔く断念しました。

 

春が来たので再チャレンジ

以上が、私がお湯の刺激を回避できないでいる言い訳でございました。

しょーもなくてすいません。

・・・

昨日の気温が日中18℃とかで、夜でも10℃くらいありました。

そして、我が家のお風呂は現在41℃設定。

相変わらずの温度。

もう、夏が来るまで38℃に設定するのは無理かもしれない。

でも、隙をついて、少しずつ温度を下げていく努力はしていこうと企んでます。

 

とりあえず今は、お風呂に浸かるのは一旦諦めて、シャワーだけ作戦は実行しようと思うんです。

昨日はシャワーだけにしましたが、まあまあ寒かったけど、結構大丈夫でした。

この調子で、しばらく熱いお湯の刺激を回避して、敏感肌から少しでも早く脱出できたらな、って思います。

スポンサーリンク