リセットでかさぶた除去してたけど、改善しないし後悔がえぐかった

投稿日:すっぴん歴1年と285日目/サッポー歴96日目

 

肌断食や水洗顔などの肌を育てていくケアをしていくと、高確率でかさぶたという強敵が出現します。

肌を育てていくケアをする人の間で「リセットと呼ばれている、かさぶたを取り除く作業を私も何度も行いました。

私はこのリセットを2種類の方法で行っていました。

しかし、何度リセットをしても、またすぐにかさぶたが再生してしまい、肌状態もなかなか好転してくれませんでした。

そしてただただ後悔するだけ…。

 

 

スポンサーリンク

私のリセットのやり方

リセットはかさぶたにどうしても耐えられなくなった時に行っていましたが、大体1か月~3か月の間隔をおいてやっていました。

 

① 顔を水で濡らしてかさぶたをふやかしてから落とす

かさぶたは自然に取れてくれるのを待つべきで、リセットは肌の成長のためにすべきではないと言われていますが、ふやかして取るのは一番肌への負担を少なくしてできるため、いろんな人のブログで紹介されていた方法でした。

なので、耐えきれずかさぶたを一掃したいときはこの方法でやってました。

 

入浴時に、まず顔をぬるま水で濡らして、そのまま湯船に浸かります。

その間にも3回ほど顔が乾かないようにまた顔を濡らして、かさぶたをふやかしていきます。

ふやけてくると、乾いているときは肌と同化していたかさぶたが、白くふにゃふにゃになります。

鏡でそれを確認したら、リセット開始!

白いふにゃふにゃのかさぶたを、指の腹で優しく丁寧に取り除いていきます。

この時、力をいれないと取れないかさぶたは無理に取り除いてはいけません

最後にぬるま水ですすいでリセット完了☆

 

あの、すいません、ちょっと訂正します。

今書いたのは、リセット成功してた方のやり方を真似た方法で、そうすべきリセット方法なのですが、実際の私のリセットはどうだったのか正直に述べさせていただきますと…

上の太字部分の、「優しく丁寧に」「力をいれないと取れないかさぶたは無理に取り除いてはいけません」だけは、違反しちゃってました。

最も大事なことが出来なかったんですよね。とほほ。

 

なぜかと言うと、ふやかしが足りなかったのか、かさぶたが未熟すぎて肌にしっかりくっついていたからなのか、力を入れないで取れるかさぶたが少なすぎたんです。

確かに白くふにゃふにゃになっているのに、指で拭き取っても、ほぼビクともせず、超絶しぶとかった。

なんのためにふやかしたと思ってんだよー。取れろよー。

こっちは何か月も我慢して、やっとの思いでリセットに踏み切ってんだよー。

お前たちがいなくなってくれないとまずいんだよー。

 

私がリセットを実行するのは、飲み会とか友達に会う前とか、人に顔をまじまじと見られる可能性がある日の2日前くらいがほとんどだったので、かさぶたがなくなってくれないとめちゃくちゃ困るわけです。

そんなわけですから、手加減なんてしてられなかった。

優しくしてあげられなかった。

私はなんとしてでも顔に留まろうとする頑固なかさぶた達を、取れるまでクルクルして落としてしまったのでした。

うう…。

 

 

② 乾いた状態のかさぶたをピンセットで剥がす

えーっと、このやり方はやっちゃいけないと思います。

「THE 無理やり剥がす」行為ですもんねコレ。

でも!鏡をみるとついついやってしまうんですよ。

で、やり始めたら止まらない…。

罪悪感が絶頂に達した時にようやくやめることが出来ます。

一応、ピンセットで少しつついてみて、無理なくペロっと剥がれそうなかさぶたを狙ってましたが、それでもかさぶたは細かいので、本当にきりがないのです。

きりがないから、だんだん悲しくなってきて、精神的にもおすすめできない方法でございます。

 

 

 

リセット後の肌状態

リセットした直後は、かさぶたがなくなるので、ざらざらした肌触りから解放されて、気持ちが良いです。

ですが、気休めだと言わんばかりに、1週間も経たないうちに、もうかさぶたが出来始めてしまってました。

かさぶたの下に隠れていた肌は、ピンク色で一見キレイな感じがしましたが、ちゃんと見てみると、キメが全くなかった

明らかに普通肌とは違う肌質で、ビニール肌みたいな感じでした。

 

リセット後の肌は、ただただ未熟な肌が表に出てきてしまい、その未熟な肌を必死にカバーしようと、肌が急いでかさぶたを構築していったみたいです。

お肌のその頑張りが、つらかったよ…。

 

リセットを何度か繰り返しているうちに、出来てくるかさぶたの量やスピードは、どんどん良くなっていくらしかったので、それを期待してリセットをしてみたわけですが、1年半やっても、さほど変わった気はしませんでした。

そりゃあ少しは良くなったと思いますが、リセットが上手くいってる方々とは比べ物にならないほどの回復の遅さでした。

これ、あと何年続くんだろう。

私のリセット方法がいけなかったのはあると思いますが、それにしたってこれは辛すぎる。

 

果てしない「かさぶた発生→リセット」の繰り返しで途方にくれてました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

リセットして得られたのは一瞬の素肌(しかもビニール肌)だけ

私のリセット方法がダメダメだったと言われれば反論の余地なしですが、それでも一応頑張ってリセットしていたつもりです。

ですが、リセット中の罪悪感は凄まじく、リセット後はひどい後悔に襲われました。

それなのに、どうしてもやめられなかった…。

そのわりに、というか、当然なのですが、肌状態は一向に改善せず、負のスパイラルを彷徨っておりました。

リセットすれば、ほんの数日間かさぶたのない肌で過ごすことが出来ましたが、それは美肌とは程遠い未熟な肌なので、それを見るのも心苦しかった。

私のせいで無理やり表面に出させられた素肌に申し訳なかったです。

 

リセットした方が良いという人もいるもたいですが、私は成果ナシでした。

これもやっぱり個人差があるんですね。

私が肌断食で一番つらかったのは、かさぶたがあることだったので、リセットしても何も変わらなかったのはしんどかったです。

肌を育てていくケアをしている方のブログには、リセットに成功していると書かれていることが多かったので、余計焦りました。

 

私のようなケースもあることを知って頂けたらと思います。

リセットって色々と難しいですよね・・・。

 

 

スポンサーリンク