化粧品を色々試したり皮膚科の薬を使っても治らなかったニキビは、「洗顔のしすぎ」が原因だった①

投稿日:すっぴん歴1年と287日目/サッポー歴98日目

 

ニキビを完治させるために、1回使ってはまた違うブランドのものに替えて、「これも効果なし」「これもイマイチ」と、次々に化粧品を取り換えて浮気を繰り返す日々。

結局ずっと効果を実感できるものに巡り合えず、絶望。

そんな絶望の中、肌を育てるケアに替えたことで、ようやくニキビを意識する時間が減ってきた今日この頃です。

 

・・・

今回は肌断食を始める要因であったニキビについてのお話をさせていただきます。

 

私は中学から思春期ニキビに悩んでいて、大人になったら治るっしょ、と期待していたにもかかわらず、引き継いで大人ニキビに悩まされることとなりました。

そういえば、今までの人生で、一度も他人から肌を褒められたことがないのだ(小学生に向かって肌を褒める人はそういないもんね)。

肌が汚いままで一生を終えたくない。

このままでいいのかい、私。

私が肌断食をしようとしたのは、どんな薬も化粧品も通用しないこのニキビ肌を、なんとかして完治させたかったからなのでした。

 

 

スポンサーリンク

 

ずっとニキビがコンプレックスだった

中学の頃からニキビがたくさんでき始めました。

その頃はまわりの同級生たちも同じようにニキビに悩んでいましたが、私はその中の誰よりもたくさんニキビがあったと思います。

 

高校に入ると、周りの友達はみんなバッチリお化粧していたので、当然のごとく、私も毎日メイクして学校に通うようになりました。

より鏡をチェックするようになって、自分の肌の深刻さに落ち込みました。

ニキビがない部分がないんじゃないかってくらいの顔。

ニキビは私の最大のコンプレックスとなりました。

 

朝は水で軽くすすいで、夜はお母さんと一緒の固形石鹸、なんかよくわからないスプレーを化粧水とみなして行うのみだった今までのケアではダメなんだ、と思うようになりました。

そのため、スキンケアを一新し、朝も夜もニキビ肌専用の洗顔料でしっかり洗顔することにしました。

夜に用事がある日は、日中のメイクと皮脂を落とすために、一旦家に帰り、クレンジングと洗顔をバッチリ行って、そこからまたがっつりメイクをして出掛けていたので、私の1日の洗顔回数は2~3回でした。

(このやり方で最近まで過ごしてきました。)

 

 

化粧品に依存するしかない

私はずっとニキビ肌専用化粧品選んで使用していました。

ニキビケアで有名なめちゃくちゃCMしてるあの商品も経験済みです。

それ以外は、ドラッグストアに置いてあるニキビ肌専用化粧品を次々に試しました。

ですが、どの化粧品を使ってもニキビが治ることはなかった…。

ちなみに、ニキビがたくさんあった肌の上に、ファンデーションやBBクリーム、小顔ローラーを使っており、今では考えられないほどの行為を疑いもなく平気でやっておりました。

 

就職して収入を得るようになってから、私はニキビのために高級化粧品ばかり使うようになりました。

(その中でもやっぱりニキビ肌専用のものを選んでました。)

 

化粧品って、スキンケア用品って、まるで麻薬ですよね。

魅力的な効能が謳われているし、香りも良いし、なんたって高級化粧品ですから!

効果ないわけないでしょう。

世の中すべての悩みはお金で解決できるんだー!

お金さえあれば美肌も手に入れられるんだー!

浅はかな私は、1個9000円もする美容液とか、クレンジングとか、全部を高級ブランドでがっちり揃えて使ってました。

我ながら相当貢いだな。

 

しかし、それでもニキビはまったく治ってくれなかった。

毎日新しいニキビができるのに、ニキビが治るのは最速でも1週間は待たないといけないため、何年間もずーっとニキビ肌でありました。

 

 

スポンサーリンク

 

結局、化粧品をどんなに替えようとニキビが改善することはなかった

ニキビケアで有名な化粧品を使おうと、高級化粧品で一式揃えようと、私のニキビが良くなることはありませんでした。

それらを使ってどんなにケアしても、ニキビと皮脂はどんどん出てきます。

そのうちに、終わりの見えない化粧品探しにも疲れてしまいました。

今まで貢いだお金と時間は、いったいどれほどのものだったんだろう。

それに見合った効果がないなんて、あんまりだよ…。

 

私の肌にとって、ニキビ用化粧品でニキビを完治させることは夢物語でありました。

 

 

思いのほか長くなってしまったので今回はここまでにさせていただきまして、私とニキビのとの戦いは次回にも続きます…。

 

 

スポンサーリンク