【ドМ暇つぶし】電車の中で“一人笑ってはいけない”

出典:http://www.tbs.co.jp/

 

電車の中って暇じゃないですか?

時間を持て余してしまいますよね。

本を読むのも、音楽を聴くのも、スマホいじるのも、なんかしっくりこない。けど暇。みたいな時に、「一人笑ってはいけない」が良い暇つぶしになると思います。

これっていうのは、「笑ってはいけない状況の中でお笑い動画を観る」というものです。

 

毎年大晦日に放送されるガキ使の笑ってはいけないシリーズにあるように、人は「笑っちゃダメ」と言われるとその緊張感を以ってして、かなりリスキーな笑いを楽しむことが出来る。

 

電車の中はもちろん公共の場ですから、一人でいてニヤニヤしてたら完全に“やべえ奴”です。なので、絶対に笑ってはいけません。

このリスキーな状況を自ら作り上げて、暇つぶししてみてはいかが?というのが今日の記事内容でございます。

 

スポンサーリンク

おすすめ素材

もちろん面白い動画ならなんでも良いのですが、個人的にこれが楽しさ倍増するんじゃないかと思うものを3つ紹介いたします。

それは、企画自体に「笑ってはいけない」要素があるというものです。

これならその場の芸人さんたちと一緒に自分も楽しめますよ!

 

 

コウメ太夫で笑ったら即芸人引退

『テベ・コンヒーロ』(TBS)の伝説的な神回。

そう、コウメ太夫で笑ったら即芸人引退しなければならない超リスキーな企画です。ですが、まずコウメ太夫で笑うことなんて有り得ないですよね??

ロンブー亮、おぎやはぎ、有吉弘行が「プロの芸人がコウメで笑うわけない」と、コウメ太夫のネタを次々と観ていきます。

「笑ったら引退」という条件がプラスされただけで、こんなことになるとは。

最後の、コウメ太夫が今持ってる力の全てを出し切ったという渾身のネタ「チクショー1週間」。果たしてこれを電車の中で一切笑わずに観ることができるでしょうか。

 

 

パンダP

コント番組『リチャードホール』(フジテレビ)でのコント「パンダP」。

アンタッチャブル柴田さんが扮するパンダP(パンダプロデューサー)が、ただただ動物の知識を披露していくというコントなのですが、これが観てみると意外にきつい。

コントの設定は「ネタ番組の打ち合わせ中」。パンダPの動物トリビアに少しでも笑ってしまうと、動物コント(なにそれ)を作らされる羽目になるから、その場にいるみんなは笑うのを必死に堪えています。

このコント以外の場でも、柴田さんは動物の知識をいろんな番組で披露していて、それを観ても知識として吸収するだけで、笑うってことはそんなにないのです。が、このコントのように「笑ったらまずい」という状況下に置かれるだけで、そんな動物トリビアもかなりの凶器となってしまっています。

 

 

ドラマチックハートブレイク王

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/

これは、青春ドラマの世界観を再現しつつ、各々が過去のつらかった思い出を淡々と語っていく、という『NEO決戦バラエティ キングちゃん』(テレビ東京)の企画。

私はキングちゃんの中で、この企画が断トツで一番好きです。

青春ドラマっぽく振る舞えた人がその日のキングちゃんとなるので、みなさんしっかり青春ドラマ風に演じております。

なので、他の人のエピソードで爆笑してしまっては青春ドラマ感が損なわれるため、笑うのは我慢しなければなりません。

各自、実際に体験した悲しかったこと、つらかったこと、怒っていることを告白していくわけですから、そもそも「笑ってはいけない」のですが。

 

 

 

 

以上、おすすめでした!

今挙げたのは難易度高いと思います。

最後にぶっちゃけちゃうと、私なら絶対電車の中でなんて無理だ。

なので、普段あまり笑わない人、お笑いあんまり好きじゃない人にチャレンジしてみて欲しかったりします。

もし実際に電車の中で実行する気ならば、マスクは必須でございます。

スポンサーリンク